実はニキビの原因になる!?意外なポイントとは

油分の摂りすぎに注意!

赤くぷつんと出来てしまうニキビは、痛いだけでなく目立つので辛いですよね。実は、油分の摂り過ぎはニキビを作る原因になってしまうことをご存知でしたか?油分を摂りすぎてしまうと、肌が脂っぽい状態になりニキビを作りやすい体質になってしまう恐れがあります。ニキビが気になる場合には、野菜中心の食生活をこころがけることで、ニキビが出来る頻度を減らすことができるかもしれません。チョコレートなど、甘いものにも油分が多く含まれているので注意しましょう。

乾燥がニキビの原因になってしまうことも

ニキビは乾燥している場合にも出来ることがあるようです。その原因は、乾燥により余計に油分を分泌しようとする身体の働きが原因といわれています。油を分泌しろ、という指令が出て身体はそれに従います。肌の乾燥で角質が固くなり、毛穴が塞がってしまうことで油が詰まり、ニキビが発生してしまうといわれています。ニキビを減らしたいという思いから、皮脂をとりすぎてしまわないように注意しましょう。洗顔後は、しっかりと保湿をおこなうことが大切です。

女子ホルモンが乱れている場合もあります

顔のフェイスラインに繰り返し出来るニキビは、大人ニキビと呼ばれ特に女性にできやすいといわれています。その主な原因はホルモンバランスの乱れといわれており、ホルモンバランスを整えることでニキビを減らすことができるかもしれません。ホルモンバランスを整えるには、大豆製品をとることがおすすめです。大豆製品にはイソフラボンが含まれており、イソフラボンは女性ホルモンと良く似た働きを持つ成分といわれています。不足しがちな女性ホルモンを補うには、豆乳や豆腐を意識的に摂取すると良いでしょう。

品川美容外科の告訴について調べる