前髪を分けたら横線が!おでこにシワができる3つの原因

適度に動かすのが大事!表情筋の使い方

まず1つめは表情筋の使い方です。大抵の人は目を見開いた時、おでこにシワができますよね。それ自体は自然なことですがシワができる状態を長時間何度も繰り返していると、それが定着してしまう恐れがあるので注意が必要です。だからといっておでこの表情筋を動かさないでいるのも、筋肉が衰えたるんでしまい結果的にシワになります。とくに動かすよりも衰えのたるみの方が年を取ったときに影響が大きくなるので、動かしすぎを控えながら自然な表情でいることを意識すると良いでしょう。

スキンケアはおでこもしっかり!肌の乾燥が原因に

2つめは肌の乾燥です。頬や目元などと同じように、おでこも乾燥するとシワができます。とはいえ乾燥によるシワは薄っすらとしたシワなので、毎日のスキンケアで対処することが簡単です。普段からスキンケアを行っている人なら大丈夫なはずですが、保湿の際に前髪を上げるのが面倒だったりおでこまで化粧水を塗らなかったりする方は注意してください。薄いシワだからといって保湿をせずに放っておくと後々深い溝になるので、日々のスキンケアは丁寧にしていきましょう。

おでこのハリがなくなる紫外線

3つめは紫外線です。こちらもおでこ以外の部位と同様で紫外線は肌のコラーゲンを壊してしまいます。そうすると肌が潤いを保つ力が弱まり、ハリのない肌になってしまうのです。前髪を下しているから大丈夫と思っている方も少なくないと思いますが、わずかな隙間からも紫外線は入ってきます。また、紫外線というと真夏に多いイメージがありますが、冬でも降り注いでいるので一年中気をつけるようにしてください。日焼け止めや帽子、日傘などで対策しましょう。

品川美容外科の起訴について詳しく